未来の予想

Category : 未分類
神田

北朝鮮いわく“観測衛星”を積んだテポドンが東京上空に飛んでくる--ピカッと光るところまで妙にリアルに映像が思い浮かぶ夢を見た。

妙な気分を引きずったまま出社。地政学的に日本円はウリじゃないの、とか思いつつ為替市場を見ていると、ガンガン円高が進む。

可能性の少なさはともかく、リアルに生命の危機を感じるテポドンより、米ビッグスリー再建関連の経済ニュースの方がずっとインパクトは強いのだなあ、と自らの“ヨミ”の甘さを反省。

まあ「一本調子の円高」とは言っても、所詮、あとから見ての話。
実際、欧州・米国市場では、円売りに動いてもいる。

未来を予想することの難しさは、いまさら思い出すことでもない…

枝垂れ桜と落花

Category : 未分類
常円寺

毎年、変わらず桜は咲く--それを愛でている自分はどうだろう。
なんだか、10年、20年前と少しも変わってないように思う…

今年は一本桜を狙おうと思う。今週末ソメイヨシノはほとんど開花前だが、枝垂れ桜はちょうど見ごろ。人混みが比較的少なく、でもそれなりの枝垂れ桜を求め、ネットで新宿の常円寺と世田谷の妙法寺をチェック。特に妙法寺の枝垂れ桜は樹齢70年だそうだ。

妙法寺

枝垂れ桜はなかなか見ごたえがあったが、新宿の公園で、ソメイヨシノがハラハラと落花していた。ほとんど冬のような寒風に、咲いたばかりの花が落ちる様子は、なんとも果無い(はかない)…

落花

飛躍

Category : 未分類
spacewars

うーん、FX、週末のポジション調整が入るだろうと予想したが--動けない…
頭で考えることと行動を起こすとの間には、大きな溝がある。
いったい、どうして飛び越えればいいのか…

WBCライトアップ

Category : 未分類
WBC

WBC連覇を祝したライトアップだそうだ。
東京タワーも、あれこれバリエーションがあるものだ。

今日は、朝から埼玉小川町のバックアップオフィスに片道2時間かけて行く。行楽なら実に楽しいロケーション、絶好の好天だったけれど、仕事じゃなあ…

最初はそのまま直帰の予定だったが、会議が入り、やむなく午後オフィスに戻る。まだ冬時間の欧州に時差を合わせた5時スタート。3時間みっちり英語の電話会議でヘロヘロになる。言葉のギャップもあるにしても、何が言いたいのか、いまいちわからない。内省的、哲学的すぎるのでは??

それにしても、出世欲はないのでこういうスケジュールは辛い。やはりマーケットと対峙してるほうがずっとイイ。三つ子の魂百まで--そういう価値観になってしまったんだなあ、とつくづく思う…

完走、完勝

Category : 未分類
run

ランチタイム、同僚のおねえさまのauの機種変にお付き合い。30分後ランチに入ったお店でさっそくワンセグでWBCを見ていたら、かわゆい店員さんが「どうなってますか?」と話しかけてきた。ワンセグ、おそるべし--というか、WBCか。

昨日は有給休暇だった、東京マラソンにエントリーした同僚女性がクッキーを持ってきた。本当に完走者だけがもらえた“非売品”なのかは、若干、怪しい。

まあ、どっちにしても、私は“外野”だけど…

株のどこが悪なのか

Category : 未分類
taxi

麻生首相が21日の「経済危機克服のための有識者会合」で「株屋は信用されていない。株をやっているというと、田舎では何となく怪しげよ、眉唾で見られる」等などと発言したとメディアが伝えている。またまた“おバカ発言”ね、ともはや驚きもしない。

続報では「株が悪だという雰囲気を払拭する対応を出さないといけない」との意見に同意する形で答えたものらしいが、松井證券の松井社長や日本証券業協会会長を首相官邸に招いておいて、そんな言い方はないだろうと思う。

しかし、この発言、確かに一面を言い表してもいる。特に個人金融資産1,500兆円の過半を保有する高齢者層ほど、昔ながらにこういう気持ちを抱いている。日本は、企業レベルではエコノミック・アニマルと世界中から蔑まれるほど長きにわたって怒濤の輸出攻勢をかけた。だが不思議なことに個人レベルでは“お金の話”をすることを下賎と見なしがちだ。性(SEX)をタブー視する感覚も似ている。

長期投資は正しく、デイトレーディングはゲーム呼ばわりで“悪”だとする風潮もある。楽して金もうけをしてはならない--などというけれど、ほんとうに楽してお金もうけができるものなら、他人に何と言われようとみなやるだろうに。いっしょうけんめい勉強し、大きな精神的ストレスを感じながらポジションを取り、それでも勝ったり負けたりなのがディーリングの本質。

資本主義において長期投資が(その意味するところはさして明確ではないながらも)“正統”であることは認めなくもないけれど、そういう長期投資をいつでも自由にできるようマーケットを形成するのが毎日のディーリングであって、両者に本質的な違いはないと思う。

麻生首相だろうが、だれだろうが他人の評価など気にする必要はない--とまあ、記しているほどには、きっぱり割り切れていないのが、自らの“甘さ”だと痛感するのだけど…

東京マラソン

Category : 未分類
blue

連休前、木曜の夕方、30代のひとりの女性社員が、ランニングウェアの写真付きで「東京マラソンに出ます」というメールを全社員に送ってきた。50人弱のコミュニティで、当選倍率7.5倍に当たったというのは珍しいかも。

それにしても、抽選があってさらにフルマラソン参加料1万円を払って、わざわざあの人混みのなかに出て行くという気持ちが、私には理解できない。価値観の違いはひとそれぞれにあってイイと思うけれど、何時間もTV中継するのはいかがなものか。「笑っていいとも 増刊号」が流れてしまった…

この悪天候のなか、彼女は完走できただろうか?
まあ、週明け、またメールが来るだろう…
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk