任天堂ショック

Category : 未分類
今日の日本株は日経平均ではわずか+9ポイントとほとんど動いてないけれど、4-6月期の決算発表を受け、個別銘柄はめちゃくちゃ激しかった。

とりわけ、ビックリしたのが任天堂。まさに、任天堂ショックだ。

決算は史上最高益(三ヵ月間で1千億円!)なのに、激しいウリ注文が入りストップ安となった。ウリはまだすべてはけていないようなので、明日もさらに下がるだろう。

海外の機関投資家が大口のウリを入れているらしいが、巻き込まれた個人投資家はたまったものではない。日経平均に大きな影響を持つほど時価総額の大きな会社が、このタイミングでストップ安するなんてだれも予想できなかっただろう。Yahoo! 掲示板も書き込みが殺到している。

Fuji

資本主義の根幹である株式市場が、相変わらず外国人投資家に振り回されている。猛暑の中、サラリーマンが汗水垂らして働いていたら、ある朝、突然、外国人経営陣が黒舟のごとくやって来るかもしれないのだ。いや、日産自動車や日興證券のように、すでに“外資系”日本企業の例は珍しくない。

日本は、兵士は優秀だが指揮官が二流以下、などとよく言われる。
そのまんま東の言う通り「どないかせにゃイカン!」
任天堂の経営陣は、企業買収リスクをいったいどう考えているのだろう?

値がついたら任天堂はいったんはカイだとは思う。多少は自律反発するものだ。
でも、戻りウリ待ちの個人投資家がたくさんいるはずで、リスクが一気に高まった。
もう短期トレード銘柄になってしまった…

--

青山ブックセンターの経営母体、日本洋書販売が自己破産した。04年の経営破綻以来、二度目の危機だ。非常にお気に入りの本屋なので、ずっと営業を続けられるよう頑張って欲しい。焼け石に水だが、何か買って売り上げに貢献するかな。

オモニ

Category : 未分類
近所のサークルKサンクスに新たに中国人のバイトのおにいちゃんが入った。

このコンビニは韓国人の家族経営で、キムチパワー全開のオモニがいつもてきぱき対応してくれて、商品の取り扱いが雑な中国人店員さん軍団ばかりのセブンイレブンよりずっと感じが良いい。

オモニがバイトの王(オウ)さんに日本語で仕事を教えていた。
さすがに珍しい光景だと思う…

オモニに竹島問題をどう思うか聞いてみたい衝動に駆られるのだが、やっぱり聞けない…

man

鉄道模型の不思議

Category : 未分類
最近、NHKの「趣味悠々」をちょこちょこ見る。いま、鉄道模型をやっている。

模型は男のロマン!などともいうけれど、番組に出てくる素人さんたち、どんだけ気合いが入ってるの、と感心するやらあきれるやら。きっと、その筋ではカリスマさんなのだろう。

ちゃんと仕事してるの?といらぬ心配までしてしまうくらいの入れ込みように見える。まあ、どれだけ他のことをおろそかにしていても、当人は満足しているのだろうし、それを他人がとやかく言う筋合いではない。

私はミニチュア風レタッチがせいぜいだ…

モノレール


みじめになる秘訣は、
暇を持て余して自分が幸せかどうかを考えることである。
  -- ジョージ・バーナード・ショウ

彼の名言は、実に耳が痛くなるものばかりだ。

脳の活性化

Category : 未分類
アハ体験は脳を活性化する、と各所で言いまくっている茂木健一郎。NHKで「単純なことの繰り返しが脳の刺激になる。自分はブログ更新を毎日、続けている」とも言っていた。イイこと言うじゃん--って、なんでうえ目線なんだ、自分?

ともかく、ブログは続けていくんだろうなあ、と思う。
12年前のウェブ日記にも、すでに同じことを書いていた。
まったく、こんなことだけは、嫌味なくらいにちゃんと覚えているんだから…

PEPSI

久しぶりに日テレのドラマ「ゴンゾウ~伝説の刑事」にハマっている。

まだ、原因は明かされていないが、PTSDで自殺思念があり、精神安定剤に頼っている刑事って--米国のミステリーならなんでもありだけど、日本のゴールデンの連ドラではまだ珍しいのでは。同僚、上司の無神経さもドラマならではなのか、案外リアリスティックなのか?--などとつらつら考えてしまう。

今夜のクライマックス・シーンは芝浦だった。
ああ、川田アナのことを思い出すなあ…

優先席って

Category : 未分類
夕方、横浜中華街の始発駅から乗ったガラガラの電車内で友人とメールのやり取りをしているうちに爆睡モードに入ってしまった。

メール着信のバイブモードではっと目覚めるといつのまにか車内は適当に混んでおり、目の前に赤ちゃんを抱いたいかにも育児疲れ、寝不足といった感じの若いお母さんが立っていた。

慌てて席を譲る。

そりゃあ、狸寝入りすることもたまにはある。だってほんとうにシンドイときが多いんだもの、歳なんだもの… でも、今日は爆睡しちゃっていたが、シンドイとかゲンキとか考える間もなく、速攻で席を立った。

あれっ、ゲンキ回復じゃん! 考える前に行動できてるじゃん!

それにしても、シンドそうだった若いお母さん、優先席の方に行けばいいのに。今日の私は立ってもイイ。どうせたいした時間でもないし。でも、ほんとうにシンドイときに、やっと座っていたんだったら代われないよ。どっちが辛いのかなんて、ほんとうのところはわからないんだから。

友人に返信している間に降りる駅に着いた。
件の若いお母さんはまだ座っていた。だったら、やっぱり優先席に…

まあ、いいんだけどね…

street

4人が創る「わたしの美術館」展

Category : 未分類
横浜美術館先日まさかの木曜休館(月曜休館が圧倒的)で無駄足を踏んだ横浜美術館へ。

「茂木健一郎、はな、角田光代、荒木経惟の4氏をゲストキュレーターに迎えて、それぞれの新鮮な視点から横浜美術館コレクションより作品を選定し、ゲスト毎に4つのセクションで構成する」と。

キュレーターがちょっとうさんくさいなあ~、などと思いつつ入館すると、やっぱり横浜美術館のコレクションがめちゃくちゃ面白かった。入館料900円は安い。都内からは電車代が往復千円以上かかるけど…

角田光代以外の三人は知っていたが、皮肉にも小説家という彼女のコーナーが一番面白かった。

本人が選んだ絵画4点と本人及び公募の800字ショートショートが展示されている。10話以上あり、おばちゃんや夏休みの子供だちは素通りしていたが、どれも素晴しく、絵との相乗効果で感動した。ここだけで900円でも納得する。

800字小論文が大学入試の二次試験に採用された初世代(=第一回共通一次試験受験者)としては感慨深い。最近ではフリーペーパーの「R25」などがこの800字をコラムの基準にしているけれど、プロでもあれほどの作品はなかなか書けないだろうなあ~

天才アラーキーは相変わらず?? 他の三人は、まあ、あんなものでしょう。
そういう4人に選ばれた、ということ自体、スゴイとは思うけれど…

やってみれ

Category : 未分類
ビビってる、と自分でわかる。

友人からも、少し繊細過ぎるところがあるからなあ、と言われたりもする。
石橋を叩いて割っちゃう、くらい慎重過ぎるときもあると自覚もしている。

性格というのはなかなか変えられるものではないけれど、古いカラを打ち破りたいというのは誰もが思うことではないか。

 出来る者は実行し、出来ない者は教える -- ジョージ・バーナード・ショウ

exit
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk