上下

Category : 未分類
昨日、今日と寒い。
20℃半ばからいきなり10℃半ば、この温度差はこたえる。
このところ、こういうのが何度か繰り返すし、雨も多い。

上がったり下がったりは株価も同じだった。
来週、気温は間違いなく上がるだろう。
株価も、気温と同じようにいかないものだろうか…

アキバ

本心

Category : 未分類
やっぱり「サタデースクランブル」のオープニングを観てしまう。ワイドショー番組のサブ司会者の自殺という、過去、例をみない事態に関係者はどのようなコメントをするのか。

奇しくも先週のオンエアで「自殺特集」があり、「自殺のサインを見つけたら、手を差し伸べて」というコメントがなされていた。しかし、自殺のサインは、そう簡単にはわからないのだということを図らずも露呈してしまった。

もちろん、関係者を責めているわけではない。それどころか、彼らには自らを責めないで欲しいと思う。ムリだとは思うけれど… コメンテーター陣の紅一点、東ちづるは涙ぐんでおり、グズグズで話していた。

でも、CM明けには一転、ケラケラ笑いながらいつものようにコメントしていた。
プロ意識のなせるわざなのか、はたまたすべては虚構なのか?

予想通りTVの“怖さ”を垣間見た気がする。

signal

底打ち

Category : 未分類
週初、川田亜子アナの訃報を聞き、以降ずっと彼女の“足跡”を追っかけていた。自殺が伝えられた直後の月曜には彼女が見つかったウォーターフロントの近くを歩き、YouTubeで在りし日の映像を視聴し、ブログの閉鎖が伝えられると全エントリーを深夜遅くまで読んでしまった。

ずっとブルーな気分が続いていたところに、今日観た「ミスト」のエンディングでとどめを刺された感じ。ネタバレになるので詳しくは書けないけれど、宗教的とも言える問い掛けを観る者に投げ掛けてくるエンディングに、まったくもって暗い気分にさせられた。

でもまあ、これでブルーな気分も底を打てば、後は反転するのを待つだけ。

上がったり下がったりを繰り返している株式市場も、そろそろはっきり上昇トレンドになって欲しいし、鬱陶しい天気も、いいかげん晴れてくれろ、だ!

頭打ち

ミスト

Category : 未分類
The MIST30年近く昔、モダンホラー書き下ろし傑作集「闇の展覧会」の一編としてスティーブン・キングの「霧」を読んだ。他の収録作品を圧するインパクトでいまだにこの中編のことは忘れない。B級ホラーでカルト的人気を得ているジョン・カーペンター監督の「ザ・フォッグ」(1980年)のTVオンエアを観た時はてっきりこの映画化だと早合点したものだ(もちろん違う)

概ねストーリーは原作通り。2時間の劇場映画化であり、映像表現技術の進歩などが適宜、反映され、うまく現代風に仕上がっている。もちろん、原作のインパクトのあるラストもちゃんと映像化されていた。若干、B級風ムードなのは意図的なのかどうかわかりかねるが、でもまあ似合っている。

イマジネーションたくましく夢中で文字を追ったあれやこれやのシーンが、まさか30年ぶりに映像化され最新シネコンで観られるとは思ってもみなかった。それもあのフランク・ダラボン監督とは。

このコンビニといえば「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」がある。「グリーンマイル」はさほどでもないと思うが、「ショーシャンクの空に」のあの実に爽快なエンディングには文句の付けようがない。キングの原作「刑務所のリタヘイワース」は未読だが、どうなのだろう。

原作のエンディングは少し弱い。後は読者のご想像で、となる。それはそれで悪くないのだが、やはりハリウッド映画となるとはっきり決着を付けたいだろう。ダラボン監督が考え、キングも同意した追加エンディングは米国で大いに物議を醸したそうだ。

霧の中から表れる異形のクリーチャーに襲われる小村の住人たち。食糧豊富な大型スーパーマーケットに立てこもるものの、パニック状態の人々は次第に疑心暗鬼となる。主人公達は、霧の中のおぞましいクリーチャーと同時に屋内で理性を失い心が“怪物”となった人間の両方と闘わなければならなくなる。

ネタバレしない程度に言えば、ダラボン監督の追加エンディングは、多分にキリスト教的問い掛けをしていると思う。クリスチャンでない多くの日本人は、あのエンディングをいったいどのように受け止めればいいのだろう? 「ショーシャンクの空に」の爽快さと同じぐらいたっぷりとどす黒く、悩ましい気分を観る者に押し付けてくるエンディングだ。

個人の映画レビューのブログで指摘されていたのだが、確かに「クローバーフィールド」との不思議な繋がりを覚える。姉妹編といわれてもうなずいてしまう。

ちぐはぐ

Category : 未分類
うーん、マイポジション、相変わらず“我が道を行く”動き。ウォッチしている他の優良銘柄は昨日今日(前場)だけでのきなみ5%越えのアゲアゲなのに…

まあ、大勢とは異なる“ユニークなモノ”が好きなので、その観点からは自分に合った銘柄ではある。でもねえ、投資効率というのもあるし。

ミスター・スポック、そのあたりは、どうなのよ?
--と、自らに問うてみる…

wall-paint

昨日今日と雨続きで寒い。明日も回復しないらしい。
雨にもめげず、な気分になれればいいのだが、ちょっとキツイ。

でもまあ、犬のように出歩けば、棒か何かに当たるかな…

川田アナのブログ

Category : 未分類
川田亜子アナウンサー川田アナのブログが閉鎖されるというので、全エントリーを時系列で読んだ。なぜこうまで彼女のことが気になるのか自分でも不思議だけど、なんとなく他人事と思えない。

そう多くないエントリーからでも、彼女の生真面目さが読み取れる。「日々勉強です」「頑張らなくちゃ」「(ブログコメントから)パワーを頂いています」といった言葉が目に付く。

9.11当日、マンハッタンに居合わせ「人間の尊い命を感じ」たとある。昨秋のそのエントリーの後、いったい彼女の中で何がそんなに変わってしまったのだろう?

つい先日、心理カウンセリングを受けていたそうで、その他いろいろな憶測がなされているけれど、彼女の心の闇はもう決してわからない。ただ、彼女のことを、私は一生、忘れないだろう…

五月病

Category : 未分類
五月病というくらいで、季節の変わり目の気候は、心身にあまり芳しくない影響を及ぼしているようだ。思いと行動が一致せず、少々苛つく…

先日、個展を観たカリスマカメラマン、森山大道のインタビューをネットで読む。
彼曰く「ストリートカメラマンは圧倒的な偶然に委ねているのだから、数を撮らないことには引っかかってこない」

たしかに。ハードディスクをケチってどうする。最高画質で撮らにゃ。
雨の日でも出歩く根性が必要だ…

タモリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk