キスの味

Category : 未分類
73年製作の雑居時代、何回見ても、あー昔はあんなだったなあ、と限りなく懐かしい。いまどきのトレンディドラマとはだいぶ違う。だいたい、ロマンティックコメディなので、キスシーンも最後の二話でそれぞれ一回づつあるだけ。それにしても--

主役の石立鉄男は劇中のべつまくなしにタバコを吸っていて、映っている時間の半分くらいは紫煙を漂わせている。もはや失われた時代背景のひとつだ。最近はもうほとんどトレンディドラマを見なくなったが、喫煙はせいぜいバーでのシーンくらいではないか。一方で、大原麗子は吸わないが、三女の山口晶はけっこうプカプカ吸っていて、当時としてはこの手のドラマでは珍しい脚本ではないか。

ストーリーで喫煙にふれる回はない。はたして監督や脚本家はどう考えていたのだろう。いずれにせよ、当時、喫煙はさほど問題になる事柄ではなかったのだろう。しかし最近では喫煙や飲酒シーンについて確か業界自主規制ができたはず。TV CMにはできたと記憶がある。

lily

まあ、そういった時代背景はともかく、あれだけチェーンスモーカーだと、キスの相手はタバコの匂いしか感じないだろう。大原麗子は劇中ではタバコは吸わない役柄。実際のところはどうだか知らないが…

私はタバコを吸わないのでキスの相手の喫煙の有無に敏感だ。柑橘系のリップを塗っていようが、消臭スプレイをしてようが、喫煙習慣はすぐにわかり、たいていの場合、興ざめする。それでも俳優はキスシーンにうっとりした表情の演技をしなければならないのだから、楽な“お仕事”なんかありゃしない、ということだろう。

キスの味は、やっぱりあまーくなくちゃ…

TVチャンネル

Category : 未分類
直前の「パパと呼ばないで」から見ていたので、1973年の最初のオンエアもしっかり見ていた「雑居時代」 昨夜は日付が変わった後にとうとう最終回を見終わった。

雑居時代 DVD覚えているシーンはもちろん多いし、30年の月日を経て多少忘れてしまったシーンもちらほら。

多分、再放送をいれて観たのは3,4回くらいかな。むしろ、よく覚えているというべきだろう--昨日のことも忘れてしまっているのに…

懐かしいよなあ、昔のTVって、みたいな話を4歳年下の同僚にしたら、それ見てないです、とのそっけない返答。うーん、そうなのかなあ、とあれこれ話すと、なんのことはない、金沢出身の彼いわく、そもそもTVのチャンネルが民放はひとつだけだったんですよ、だって。

両親が同じ北陸地方出身なので何回か田舎に行ったことがあり、映るチャンネル少ないなあ、と思った記憶がある。大阪では、当時から偶数チャンネルすべてが埋まっていた。なるほど、そういうことね、と合点。

まあ、なんにせよ、この二週間、楽しかった。
DVD BOXの4万円の出費がちっとも高く感じない…

ダブルヘッダー

Category : 未分類
午前午後と二回の説明会。小雨だし、寒いわで、なんとも鬱陶しいが、まあ仕事だしなあ。ってことで、9時過ぎに横浜の先、大船へ向かう。ランチ前の説明会って、こっちも大変だが、営業スタッフはもっとイヤだろうなあ~とか考えながら、喋るべきことは喋ってくる。

なんだか朝から熱っぽく、頭も重いので、ドラッグストアでカコナールドリンクを飲む。やっぱり、気休めだよなあ、とか思いつつ。横浜ラーメンが食べたかったが、結局、鹿児島ラーメンを食べる。けっこう美味ではあったが、930円ってのはちょっとばかり高過ぎるような気も。さらに、まるまる一個入っていた半熟タマゴを食べる際、ついスープをはねてしまい、ネクタイに大きなシミを付けてしまった。午後からの説明会がカッコ悪い~

ornage午後の説明会まで2時間弱待ち時間があり、スタバでうたた寝。しかし、有閑マダムたちのぺちゃくちゃ井戸端会議がうるさいったらない。

おまけに、スタバの木の椅子でおしりが冷える。ほうほうの体で店を出たら、次の角を曲がった先に、明るくてふんわかしたソファーのダンキンドーナツがあった。チッ!

男性を含む十数名の営業スタッフを指揮するのは女性の支店長だった。シミの付いたネクタイがさらに恥ずかしく感じるような、華やかなスーツを着た支店長と名刺交換。言ってもやはりまだまだ男中心の証券業、いろいろストレスもあるだろうに。一番高いユンケルでも差し入れしたくなる…

オフィスに戻ったのは6時前。外に出るのも悪くないのだが、その間ペーパーワークは溜まる一方でイヤになる。バッテリーは空っぽだ。最低限のルーティンだけ片づけてダラダラした後、退社。8時前やん。

明日は晴れるらしい。
一日早まって欲しかったなあ…

歌うように--カンタービレ

Category : 未分類
昨夜は、宮崎美子のジーパン脱ぎ脱ぎTV CMを見たのできっと夢見も良いだろうと思ったのだが、なんと久本雅美と飲み明かす夢を見た。なんでやねん?? おまけにプールだかジャグジーだかに飛び込みながら、キャッキャ言ってるし。全裸だったか、水着だったかを覚えてないのがせめてもの救いか…

金曜、愛媛に出張してそれはそれで面白かったのだが、結局ペーパーワークがしっかり溜まっていて脱力、思わずガックリくる。最近、流れ出したMacのTV CMのいうところの愛称「Work」を睨み続けると、やっぱり頭痛がしてきた。それでも退社したのは結局、8時前、やれやれだわ。

じゃこ天を鍋に入れてヌーボーとともに食す。実に美味し。ほろ酔いのうちに「のだめカンタービレ」が始まる。イイねえ--いやー、せめて今夜のように8時過ぎに帰宅したいわな。今夜のフューチャーはブラームス交響曲第1番か。4組の異なった指揮者のCDを持っている。20年の歳月をかけてブラームスが作り上げた実に肩の力が入ったガチガチの曲だけど、やっぱり大好きな一曲だ。

竹下景子いよいよ「雑居時代」もエンディング近し。今日も一話だけ見る。おー、チョイ役で竹下景子が出てるやん。知らなんだあ。そういえば、最初のエピソードで若き日の北村総一朗もチョイ役で顔を出していた。

しかし、白塗りの雪女かと見まごうばかり。これじゃあ、わかんないわなあ。

杉田かおりそして今夜の2時間サスペンスに出ている杉田かおるの変貌ぶりに、いまさらながらゲンナリする。「雑居時代」の阿万里役、「パパと呼ばないで」のちー坊役など、かわゆ過ぎ。

E.T.の少女役だったドリュー・バリュモアの最近の活躍にもビックリしたけど。30年という歳月はあまりに過酷だ…


とか、バカなことを考えているが、明日はまた終日、外出。
午前午後、説明会のダブルヘッダー。まあ、適当にやるべ…

Just my type!

Category : 未分類
昨夜は3時過ぎに寝た。今朝は7時過ぎに一度目覚めたが、またうつらうつら、結局、起き出したのは10時過ぎ。体も頭も重い。まあ、自業自得か…

Baccaratうだうだしているうちにあっという間に昼過ぎになる。どんよりした天気だが雨はなんとなく大丈夫そうに思えたので、近場の東京都写真美術館へ行き「コラージュとフォトモンタージュ展」を見る。

ここは久しぶり。近過ぎるとかえって足が向かわないものだ。何点か原画も展示されていて、コラージュやフォトモンタージュも19世紀には本当にハサミで切った貼ったしてたんだ、と妙に感心する。

恵比寿ガーデンプレースで毎年このシーズンに飾られるバカラのシャンデリア、世知辛いとわかりつつも、やっぱり高いんだろうなあ、とつい考えてしまう。


NHK教育の「トップランナー 写真家・本城直季の不思議な世界」を見る。本物の風景をまるでミニチュアのように撮ってしまう不思議な写真家だ。しかし最初は映画を志していたというから、人生なんてどんなふうに進むかわかったものではない。

いよいよラストまであと5話になった「雑居時代」 石立鉄男はプロカメラマンの役。昔は興味なかったが、カメラはミノルタを使っている。当時はニコンやキャノンと並んでミノルタ、ペンタックスも激しくシェア争いをしてたんだったなあ。

キャンディス・バーゲンが「Just my type!」ってニッコリしてたり、宮崎美子が木陰でジーパンを恥ずかしそうに脱いでいたのも、みなミノルタのTV CMだった。YouTubeにはちゃんと宮崎美子の動画があった。さすがにぽっちゃりしすぎだが、でもやっぱり甘酸っぱいなあ~

ってなわけで、これまでに所有した一眼レフカメラ2機種はしっかりミノルタだったりする(X-7はまさに彼女のCMだ。もう一つはα-7000) しかし、最近、買っちゃおうかなあと考えているデジタル一眼レフカメラはペンタックス、今度はTV CMにはのせられてないぞ、ってか。

木曜に愛媛で食べたじゃこてん、あらあら、デパ地下にあるやん。ということで、さっそく買って、鍋焼きうどんに入れてみる。さすが練り物、温めただけで美味しくいただけ調理いらずだ。

じゃこ天ぷら

明日は“雨の月曜日”になりそうだ。
すでに“サザエさん症候群”のようだ…

紅葉

Category : 未分類
全国出張が仕事という斜め向かいに座る室長と話をすると、出張の疲労は移動の時間ではなく、距離に比例するという。ここ2年ほど、電車、飛行機での出張がときどきあって、確かにそう言えばそうだなあと実感する。飛行機だと、全国どこに行くのもたいてい1時間程度だ。昨日の松山も飛行時間自体は1時間ちょっとだが、やっぱりけっこう疲れるわ。

今日はゆっくり家で休もうかと思いつつ、あんまり良い天気なのでフラフラ外出する。東京は一番の寒さだそうで、本当に秋衣装では凍える。紅葉狩りに山の方へでも行くかとも思ったが、どうせきっと混むだろうしなあ。鎌倉は年中人出が多いし、高尾山行きの中央線はしょっちゅう止まるし--ぶつぶつ。

momiji

結局、新宿御苑をぐるりと一周。まあまあな秋景色が広がっていた。200円という入場料は園内の整備にしっかり使われていて御苑はいつもきれいだ。やっぱり人出は多く、カメラを持った人も多い。一眼レフを構えている人もたくさんいる。手が凍えるこれからのシーズン、手振れ対策が必要だ。まあ、今日の55枚はなんとかブレないで撮れた。「10月さくら」という種が花を咲かせていた…

myself

sakura帰路またヌーボーを買ってしまう。3,100円のビラージュヌーボー。お祭りごとにしてはやはりちょっと高いなあ。ストックしている2本とで今年は5本買った。さすがにこれで打ち止めだな、と思わせる味だった。

「エンタの神様」を見つつ、またうたた寝。ミッドナイトに「雑居時代」を見つつ、blogを更新。

生活、乱れてるなあ…

松山出張

Category : 未分類
ついぞ覚えのない東京モノレールの運休、なにもよりによって今日とはね。まあ京浜急行があるから大丈夫なのだが、世間的には四連休にしてレジャーに行く人も多いようで、電車も羽田も混んでた。

山一證券自主廃業でたちまち困ったことのひとつに、クレジットカードの新規加入ができなくなったらしい。私はご多分にもれず社内キャンペーンで山一UCカードを作らされていたし、西友で年会費無料のセゾンカードも作っていたので、全然、必要性を感じなかったものの、カード会社から新規加入を断られたらしいという話を聞いてショックを受けたものだ。

そんなこともあって、いまやアメックスをはじめVISA、Master、JCBと主要どころのカードは全部作ってしまった。さらにSUICAは毎日使っているし、EDYもANAカードで作ってしまった。もはや、持ってないのはダイナースクラブくらい。使いもしないカードの年会費が4万円近くかかっている。

我ながらやれやれだが、ビッグバードこと羽田空港ではカード会社共通のAir Portラウンジが使えて嬉しい(って、カードは一枚あればOKなのだが…)。まあともかく禁煙だしソフトドリンクやおしぼりが無料だし、なによりソファーが心地よい。快適過ぎてうたた寝して乗り遅れないかが不安なくらいだ。

bigbird

モノレールが止まったうえ、松山行きの飛行機の出発が1時間近く遅れてしまった。身障者の乗り込みに手間取ったとのこと。近ごろこれだけユニバーサルデザインだとか弱者にやさしく、とか謳っているわりには、いまだに改善すべきことはたくさんあるようだ。

時刻表通りなら説明会まで2時間くらい余裕があったはず。ランチを食べて、松山城を見に行こうと思っていたのに、結局、まったく余裕なく20分前に先方の支店に入る。ランチもとれなかった。

5時前に説明会を終えると外はもう暗い。四国といってもやっぱり寒いし。帰りの飛行機までは2時間。微妙… ともかく街をブラブラ歩くが、入ってみたくなるような店はない、というかわからない。そりゃそうだろう、わかるわけないやん。夕焼けに栄える県庁の建物がやけに立派だったなあ。

ehime

仕方ないので、ともかく路線バスで空港へ。松山市内は、市電が縦横に走っており、交差点の電線がものすごく入り組んでいる。あやとりならきっと取りようがない難度だろう。街灯がみなオレンジのネオン燈なのも風情があった。

じゃこてんそば朝おにぎりを一個食べて以来ほぼ12時間振りに空港でやっと食べ物を口にできた。名物のじゃこてんの乗った温かいおそば。

おでんなどに入れる練り物を関西では“てんぷら”という。関東では馴染のない表現だ。熱々でなかなかのお味だった。650円也。

9時過ぎに帰宅、缶ビールを飲みながらザッピングしていると、「セーラー服と機関銃」が最終回。お、お、そこにあそこやん、と浅草の景色を眺める。だろうね、と思った通り、ラストシーンでは星泉役の長澤まさみが主題歌を歌ってる。先日iTunesでダウンロードしたばかり。

疲れた…
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk