メド

Category : 未分類
締め切りは来月初旬だが、今週中に片づけておいたほうがいいと思われるペーパーワークを抱えている。今日こそは、と思ったのだが、あんな会議やらあずかり知らないところで使われていた自分の資料に大急ぎの訂正を命じられるなどで、結局、くだんのペーパーワークは6時過ぎからとりかかる。でもまあ、頑張ったおかげで8時前にはメドが立ったのだが、たまに電卓やらエクセルを真剣に使ったせいか頭痛に襲われながら退社。

bike馴染のセブンイレブンで「スタートレック」コンプリートDVD BOXをウキウキとゲット。一時はだいぶ待つかのような「再入荷待」というサイト表示に焦ったのだが、結局1週間で再入荷してるやん。いいように煽られてるんだなあ、と反省。でも、もともと本心から欲しかったのだから、さっさとオーダーしとけば良かったんだ。

しかし10時から「弁護士のくず」最終回を見たので(ワンシーン、みのもんたが出てくるし!)、スタトレは週末のお楽しみだ。待ってろよ!カーク船長、ミスタースポック!>ってだれに言ってるんだか自分、ってか!?

花の名前

Category : 未分類
railこの花の名前はなんというのだろうか、と毎年思いを馳せる。雰囲気からして朝顔の類いだと思うのだが、昼から夕方にかけてもしゃきっと花を開いている。

「恐れ入谷の鬼子母神」という時代劇にときどき出てくるべたなだじゃれ(Wikipediaによると狂歌の洒落だそうだ)で有名な東京入谷の鬼子母(神真源寺)では毎年7月初旬に朝顔市が開かれる。何度か見に行こうとトライするのだが、いつも着くのは昼過ぎになってしまい、すでに市は撤収状態で朝顔の写真なんか撮れたためしがない。

なので、毎年この朝顔系(!?)の花の写真でお茶を濁している次第だ。やれやれ…

AED

Category : 未分類
火曜サスペンスも間が悪い。未明の“リアル”な誘拐事件を聞いてしまうと、所詮、作り物の“火サス”なんてアホらしい。美形モデル、りょうが主役で頑張ってたけどね…

AED今日まで一回も見たことのない上戸綾主演の「アテンションプリーズ」(最終回)がなんとなく朝から気になっていた。というのは、新聞の紹介欄に、AED(自動体外式除細動器)という電気ショックが必要な心臓の状態を判断し、除細動(心臓への電気ショック)する救急医療機器が出る、とあったから。

心停止した患者に、医者がERで電気ショックを与えるシーンは昔から“お約束”。外ものドラマだとショックを与える前に「クリアー!」と叫ぶあのシーンだ。自動体外式除細動器の“除細”という言葉に釣られているのだろうか、医者でなくとも使えるということとも相まって、なんだかちょこっとショックを与える程度のものだと勝手に思っていた。

ところが、飛行機内(ギャレイ)で倒れた乗客をアテンダント役の上戸彩や真矢みきが蘇生を試みるシーンを絶妙のザッピングで探り当て見ているとけっこう生々しく驚いた。アテンダントはみなゴム手袋をしてるし、AEDで電気ショックを与える前には「私は離れてます」と「クリアー」と同じことを確認している(撮影には当然、医師などがアドバイスしているはず)

もうすぐ始まる陪審員制度で“無作為に陪審員に選ばれる”よりも、街中で偶然AEDを使わなければならない、あるいは使われるかもしれないシーンに遭遇する確率のほうがはるかに高いと思われる。実際あちこちの公共の場にAEDがすでに備え付けられているわけで、宝くじに当たるよりもずっと確率は高そうだ。

聖母2年ぶりに保険のおばさんがオフィスにやってきた。山一入社2年目からすでに20年越しの付き合いになる。「いやー、ちっともお変わりになりませんね~」などという“オベンチャラ”から始まって、結局また貯蓄性の高い保険に入ることに。まあ、いちおう経済合理性を考えての決断だが、それにしてもライフプランがまったく立ってないので、やっぱり言いなりなのかもなあ、などとしょんぼり考えてしまった。

てんとう虫

Category : 未分類
8年連続で年間自殺者数が3万人を超えている、という記事が朝刊に載っていた。交通事故死者数はとっくに1万人を切っている。二十数年前、卒論を「北欧の自殺」というテーマで書いたときにはどちらも1万人台だったはず…

先週後半から少し早帰りを実践中。今日も6時過ぎに退社。おー、やればできるじゃん。散髪に行く。隣の椅子にはインド人ビジネスマンのお客とおばさんの理髪師さん。お客は大筋では日本語がわかるのだが、おばさんはまじめに“とんちんかん”な受け答えをしてる。「うえのほうは“ちいさく”してください」「ちいさく? ああ短くですね」って、吹き出しそうになる。

てんとう虫帰宅してもまだ8時。イイねえ~ 夕食にてんとう虫ブランドの白のビオワインを開栓する。いちおう買う前に試飲はしてるのだが、まあやっぱりこのてんとう虫マークに魅かれて買っている。CDの“ジャケ買い”と同じだ。

「ケイゾク」のDVD、最終話を見る。ほー、やっぱり無茶苦茶なストーリーだけど、なんとか“らしい”オチをつけているところはさすが。7年前の初見時ほどのインパクトは感じなかったが、DVD買うだけの値打ちは十分あった。

五月今夜はあまり酔わない。ため息をつきながらDVDを切ると日テレ「アンテナ22/援交少女の闇と孤独 誰か私を助けに来て」というドキュメントが流れていた。

こちらはリアルに“無茶苦茶ストーリー” 7年前のドラマは、もうリアルワールドに追い越されていた。自殺者が3万人を超える理由が垣間見えた気がする。

でも、きっとみんな--
「スマスマ」を見てるんだろうなあ…

少女

Category : 未分類
ajisai頑張って昨日は休肝日にする。そしてよく寝た。珍しく二度寝もした。で、いくらか復帰。

しかし、天気が悪く、家でウダウダ過ごさざるを得ない。まあ、天気はどうしょうもない。

naraダラダラ過ごしているうちに11時。そろそろ寝ようかとザッピングしていると、たまに見る「情熱大陸」の美術作家「奈良美智」が目に留まる。あっ、この少女、知ってる…

世界中から引っ張りだこのメジャーでありながら、金や名誉には無頓着な感じ。いかにも“絵に描いたような”芸術家。ただ描きたいから描いている--同い年だったりもして、うらやましい生き方だなあ~と思う…

副作用

Category : 未分類
先週からエアコンを使い始めたせいか、アトピー性の鼻炎に悩まされる。アレルゲンのハウスダストが舞っているのだろう。せっかくの梅雨の晴れ間、鼻炎なんかに邪魔されたくないと思い、迷ったのだがクスリを服用。失敗だった。鼻炎は止まったが、激しいのどの渇きと眠気、だるさの副作用に襲われる。

ともかく東京都現代美術館(MOT )の「カルティエ現代美術財団コレクション展」を見ようと出かける。美術館は地下鉄の駅から1キロちょっとはなれている。普段なら木場公園内を行く気持ちの良い散歩コースなのだが、蒸し暑さと体調の悪さで気分が悪くなりやっとの思いで美術館にたどり着く。すぐには観賞できそうになく、チケットを買った後エントランスでしばらく休む。副作用の眠気でベンチに座りながらしばしウトウトする。

chair展示場内は写真撮影が禁止されているが、外にも展示物があり、そばに学芸員らしき人がいて、触ったり、カメラやケータイで写真を撮ろうとする人にせっせと注意していた。こちらが座っているベンチは少し離れていたので、ケータイで一枚だけパチリ。

美術展はとても面白かった。体調のせいで飛ばし見になってしまったのが残念だった。

このところワインは少し飲み過ぎか。体調がすぐれない一つの原因かも。と、わかっているのだが、地下鉄で帰ると馴染のショップを避けて通れない。で、入ればやはり買わずにいられない。赤白試飲を勧められる。フレンチの赤は重めでちょっと好みに合わなかったが、白は前から気になっていたもの。悩みつつ、同じ作り手のピノノワールの赤を購入。ピノのストックが2本になってちょっと嬉しい。

時効

Category : 未分類
今日は、頭痛の兆しがなかった。比較的、相対的に真面目な仕事っぷりで一日を終え、7時過ぎに退社する。おう、ちょっといつもより早い、ハイ。

policeいつものセブンイレブンで「時効警察」のDVD BOXをゲット。発売初日に受け取るのって何だかうれしい。今年の初め、オンタイムでほとんどのエピソードを見ている。さすがにまだ覚えてる。しかし、やはり面白い。1,2話を一気見する。

エンディングテーマ、森高千里の「雨」がイイ感じ。ライブラリに持っているので、iPod nanoに入れておく。明日は曇りの予報、散歩に行けるかな…
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk