衣替え?

Category : 未分類
さすがに今日は昼食後しばし意識が飛んだ。昨夜はblogを真夜中2時11分に更新、その後にシャワーを浴びて寝てるので3時前になっていたかも。よくは覚えていない… 朝7時、三番目として最後に鳴らしているアラームでハッと目が覚めた。危ない、危ない。

お酒が残らなかったのは久しぶりに飲んだ高濃縮ウコン錠剤のおかげだろう。もうなくなりそうなので帰路ドラッグストアに買いに行くと、ちょうど特売最終日だった--って、だいたいいつも特売してるやん。ともかく1,980円でお買い上げ。それにしても、なんだかムリに肝臓をむち打ってアルコールを分解しているようでもあり多少不安…

flowers明日から“衣替え”とかノーテンキに天気予報おねーさんが言っている。そりゃあ確かに先週の北海道はまだ寒かった。しかし東京はとっくに電車内で冷房がかかっているし、今日は27度だし、もう冬服を着ている人なんていないよ、とつっこむ。

駐車違反取り締まりの民間委託も始まる。あちこちでもめるんじゃないかな。もちろん笑ってられない。配達車が取り締まられ、そのために配送代が値上がりしたりしないだろうなあ、などと考える。

ともかく今年も半分近くが終わってしまったわけで、なんだか漠然と焦ってしまう…

飲み

Category : 未分類
20060531_189003.JPG
9時前に帰宅したら、図ったように友人からテレ。で、9時半から美味なフレンチを食し、久しぶりに2万円の赤ワインを飲む。さすがに美味!

さらに馴染みのBarへ行き、2時前までスコッチやらカクテルやらを飲み、エンジョイ。

いったい何がどうなっているのだか?

確率

Category : 未分類
ああ月曜かあと思いながら、だらーとデスクに着く。週初に出る経済関係の雑誌をツラツラめくっていくうち、あるコラムの一文に目がとまった。
本当にやりたいことを仕事にできる確率は業種にもよるがおむね1万分の1、さらにその中でちゃんと食べていけるようになるのは百人に一人
なのだという。ったく、どこにそんな根拠があるねん、とかつっこむ。まあそれでも確かに新橋で夜な夜なたむろし「あんな会社、辞めてやる!」とか息巻いているサラリーマンたちが、翌朝本当に辞表を出していたらたちまち世の中からサラリーマンはいなくなるだろう。

waitingまったくねとか思いながら、説明会用の資料作りを続ける。ホッチキスを280打った。明日は右手が痺れるだろう。でも日給うん万円になったわけだから文句は言うまい…って、そんなんで本当にいいのか>自分

今日こそ久しぶりに休肝日にしようとノンアルコールのビール風飲料を飲みながら遅い夕食。「下妻物語」がけっこう面白かったのだが、ノンフィクション「アンテナ22」の「カラダで稼ぐ女達」の風俗譲ドキュメントのほうがずっと生々しく引き込まれた。

事情はそれぞれだが、所詮、みな金のために働いている。そして普通のサラリーマンにしてもやっぱり金のために“カラダ”を切り売りしていることに変わりはない、と思い至る…

季節感

Category : 未分類
20060529_188297.JPG
路傍の紫陽花が咲きはじめている。今年は春が短かったなあ~

異国への想い

Category : 未分類
ほんの二時間ほど飛行機に乗るだけでこんなに違う世界を行き来できる--

happy昨日は帯広のホテル前から9時のシャトルバスでとかち帯広空港へ。四日間の北海道滞在といっても仕事なので観光の時間はなく、北海道らしい雄大な景色は移動の乗り物の車窓から見るだけ。空港まで30分ほどウツラウツラしながら景色を見る。牛もいれば白樺並木もちゃんとある。空港の近くに「幸福駅」への案内看板が。こんなところにあったんだ。函館で「愛国から幸福ゆき220円」というその昔、一世を風靡した乗車券のキーホルダーを買った。だーっと並んでたのだが、なにげに探したら自分の誕生日の発券日があったのでつい買ってしまった。

skyGoogle Earthというサテライト写真でバーチャル飛行が楽しめる、Google Mapsよりスゴイ、ソフトがある。今朝久しぶりに起ち上げ(バージョンアップされていた)、北海道上空をぶらり散策。スウェーデン、サーブ社のプロペラ機(シートが革張りだった)で移動した函館→釧路間のルートを辿る。確か高度4千メートルを毎時400キロで巡航していた。スピードはムリだが高度はシミュレートできる。稜線やら湖やら、飛行機の窓から見たのとリアルにおなじやん--って??

Paraiso北海道の低湿度とは大違いな東京はシトシト雨な一日。窓外の景色を見つめながらなぜこんなに違うのだろう、などと思う。出張をなんとか無事にこなしたお祝いに、とっておいたちょっとお高いピノノワールワインを開け、すっかり酔っ払う…

釧路→帯広

Category : 未分類
20060525_187084.JPG
気温6度の釧路に夏スーツではさすがにめげて、汽車を一本早めて帯広に向かう。汽車?って単線のディーゼルだから。断続的にケータイが圏外になり、北の国からみたいな家が点在。ナビしても画面には線が一本だけで意味なし。さすが、デッカイど~!だ。エゾしかが横切るので急停止にご注意下さい、だって。なんと街中にもいた←ウソ

帯広は気温18度で暖かい。天気予報では道内で最も暖かいようだ。寒暖差ありすぎ。高架で大きくきれいな駅にビックリ。釧路とはかなり違う。

昨日からお腹がシクシクして不調。頑張って夕方の最後の説明会を終えた後コンビニでカップ麺を買ってホテルに戻る。なんとも冴えない夕食だ。我ながらストレスに弱いなあ~

札幌ならまだしも今回訪れた3都市は出張でもなければまず来ることはなかっただろう。やっかいな仕事ではないし、ちゃんと給料まででるしで、そこそこ楽しい三日間だった。明日帰京し、午後出社予定。絶対早帰りしよう。

東京への報告、友人へのメール、ブログ更新と、ケータイを実に沢山打ち込んだなぁ…

釧路

Category : 未分類
20060524_186740.JPG
昨夜は函館で一泊。自宅でも眠りが浅いくらいだから、外泊では当然浅い眠りになる。疲れているはずなのだが。実に変な夢を見る…

昼過ぎのフライトまでダッシュで観光。函館山と五稜郭へ。天気も回復、TVなどでよく見る景色だがさすがに生は絶景だった。

釧路へのコミューターは小さなプロペラ機、スウェーデンのサーブ社の飛行機だった。一時、気流で激しく揺れ、ビビる。

釧路は寒い。気温5.8度、タクシーにはヒーターがかかっていた、って冬やん。自分で選んだホテルだが、駅前から遠く、古くて冴えない。説明会の銀行の隣りに大きく綺麗な東横インがあり、ずっとそちらのほうがよかった、と後悔。

駅前の交番にロシア語が書かれていた。いったい何処なんだここは?とひとり高倉健を気どってみる…
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk