帰省

Category : 未分類
20051231_123174.jpg
うかうかしてたら禁煙の座席指定がとれず、久しぶりにのぞみのグリーンで帰省。

偶然にも名古屋に帰るお偉いさんと品川でバッタリ出会う。昨日の納会で挨拶し、しばらく顔を見なくていいと喜んでたのになんたる不運(*_*) まあ、あちらは喫煙席なので車両は違ってたからよかったけど。

2時間半、何となく小説を読む気にならず、少し早めだが友人に挨拶メールとブログへの挨拶コメントをケータイから送る。何とも便利な時代になったものだ。

米原あたりでは田んぼにしっかり雪が積もっていた。たいして広くもない日本なのにえらく天気は違うものだ。

あまり実感はないが、あと数時間で2005年も終わる。充実した年とは思えなかっただけに、来年こそはと少し気持ちを引き締める。

ミレナリオ

Category : 未分類
昼前、今日付けで退社する同僚がみなの前で挨拶をする。6年間一緒に働いた仲間で、まあいろいろあったけれど感慨深い。その後、納会。平日昼間のアルコールはさすがによく回る。午後は普通に仕事。眠くて、しんどくて、とてもまじめになんかできず、最低限のことだけなんとか済ます。

一応、自然散会状態で3時過ぎにはあらかた帰ってしまうが、何となくダラダラ残ってしまう。5時過ぎにお偉いさんに挨拶。「どうもお世話になりました…」ってまるで退社するときみたいだが、妙に自然だったりする…

millenario今年で最後という東京ミレナリオを見て帰る。予想通りだったがあまりの人の多さに、ケータイで数枚写真を撮った後はさっさっと退散。

ミレナリオとは対照的に山手線はガラガラ。あー、やっぱり年末だな、と思う…

ピグマリオン

Category : 未分類
悲しいけれど、この時期に出勤するのも慣れた。朝夕すれ違う勤め人の多くが金融機関ではないだろうか。

朝、家を出て2曲目にiPodから流れ出したのはマイフェアレディのエンディング。曲というよりほとんどが花売り娘役のヘプバーンのセリフ。ロンドンの下町訛りコクニーで必死にレディにして欲しいと訴える。

中学生の頃、劇場で3時間を立ち見して以来すでにTV、ビデオで10回以上見ており、数年前に買ったリマスターのサントラにいたっては何十回と聴いている。しかし、さほど長くもないコクニーのセリフがなかなか聴き取れない。

ところが、凛とした空気の中、朝日を浴びながら駅に向かう途中シャッフルされたトラックとして突然、耳に入ってくると今までより少しよく聴き取れた気がした。なるほどPodcastの人気上位に英会話レッスンが入っている理由がわかった。これはイイ勉強法だ。

hagoita英語が聞き取れたからか、やっぱりストーリーとラストシーンを思い出したからか、朝っぱらの公道で少しウルウルし、思わずニットの手袋の手で目頭を拭う。

バーナード・ショウの原作では、ラスト、主人公は失恋するのだが、そこはハリウッド、きっちりハッピーエンディングに作り替えている。でも、この映画はそれで正解だった。

思い立ったことを一途にやり通すヘプバーン演じる花売り娘の情熱はとても大切だと思う。むしろ、そこに泣けたともいえる…

大人のジブン

Category : 未分類
今日は仕事納めのところが大半のようだ。しかし、金融機関は30日まで仕事がある。証券系はとにかく東京証券取引所が止まらない限り休めない定め。いずれどこかのおバカな証券マンが、休みたいという理由だけで取引所のシステムにアタックをかけるようなトンデモ事件が起きそうな気がする。

せめて早く帰りたかったが、6時過ぎに始めたお偉いさんの個室での毎日の報告が1時間以上ああでもないこうでもないと長引く。7時過ぎに地震があって、人一倍敏感なのですぐ気がついたが、お偉いさんは缶ビールを飲んでいるので、全然気がつかない。ったく…

foxeymaxellのDVDメディアのTV CMで、10歳くらいの子供たちが十年後の自分に語りかけるというタイムカプセルに入れておくような映像のものがある。野球選手や弁護士、有名なパティシエになっていますか? 幸せな家庭を持っていますか?などと問う子供たちの夢に満ちたイイ感じの表情が印象的なCMだ。

10年前を振り返って、いまのこんなジブンを予想していたか、あるいは当時こうありたいと夢見ていたジブンに少しでも近づけたかと問えば--残念ながら、ほど遠いとしか言いようない。もっと真剣に考え、決断し、行動に移せなかったジブンを反省するしかない…

大人になって、夢を忘れていませんか。
--maxell TV CM「大人になったジブンへ」

理由

Category : 未分類
入社時お世話になり、紆余曲折の末、去年から直属の上司になった名古屋駐在の役員が先週に続いて役員会で上京。アフターファイブに二人で新橋の焼鳥屋へ。お互い話すべきテーマはわかっているのに、乾杯してからしばらくは当たり障りのない話で時間を潰す。役員は名古屋に帰るんだから、本当は前置き抜きでスパッと話し合って、サクッと別れたほうがいいはずなのに…

すでに6年来のつき合い、実のところある程度、着地は予想できた。こっちも迷いながら申し出ている部分もあり、気持ちが揺れているのも確か。そして相手は金融法人担当の海千山千の元営業マンなので話術は長けている。ついついフムフムと聞き入ってしまう。6年前に受けた薫陶を思い出す。

あーそうだ、こういうムード、流れだったなあーと思う余裕が今回はあった。決して悪い意味ではない。ただ、ムードだけでなく冷静な気持ちで大事な場面に臨めるようになった自分が少しは成長したな、などと思う。もうとっくにイイ年なのだが…

ただ聞いているだけでなく、こちらも適当に質問を発する。ずっと高いモチベーションを維持できる秘訣はどういうところにあるのですか、と訊いてみる。少し呼び水を向けながらやりとりした後、最終的に帰ってきた答えは--ポジションだな、というものだった。

lightその答えに一気に冷静さを取り戻すことができた。そうだよな、お子さんも成人して、山一は破綻したけれど、現在、経済的に厳しい状況でないのは想像に難くない。そうすると、結局、残るのは「地位と権力」なんだ。なーるほど…

出世して地位をあげ、権力を得て思い通り会社を動かしてみたい--そのこと自体、男子一生の目標として決しておかしなものではない。昨夜スマスマ・スペシャルで高倉健が「人生、何かしら目標があったほうがイイと思う」と草彅剛に言っていたのを思い出す。想定内の真理だ。

しかし--私には“いまの”仕事で、会社で、そんなふうにモチベーションを高めることはできそうにありません、と返す。いや、人は変わるものだぞ、と。もはや禅問答状態に入りつつあった。9時近くになりそろそろ帰られたほうが、と私から言い出し店を後にする。いつもご馳走になっているので、今日は払います、せめて割り勘で、と申し出るも、払わしてはもらえなかった。

たとえ「51対49」の僅差でも、やはり答えはすでに出ている、と思った…

弛緩

Category : 未分類
持ち帰ったもののやっぱり手をつけられなかったクリスマス越しの仕事に、とにもかくにも朝から真剣に取り組む。明日の役員会の資料なので今日の午後が締め切り。かなり焦る…

朝、PCを起動した直後から頭痛がし始める。10時前にお偉いさんから「どうなってる」とかなりいらだってる風な声で電話が入り、ますます焦る。バカじゃないんだから、よーくわかってるんだから、わざわざ電話なんかしてくるな!と思う。ますます頭痛がひどくなる。

長年オフィスでの頭痛に悩まされ続けている。明らかに休日よりもオフィスでの頭痛の方がひどい。年初には人間ドックのオプションでMRI/MRA検査までしたくらい。まあ、検査結果は予想通り何ともなかったのだが。

footともかくなんとか資料は仕上がった。後は上司の役員のプレゼンにお任せ。今日はクリスマスの振り替え休日で欧米は休場だし、さっさと7時過ぎに退社。なんとなく休肝日にして、スマスマ特番に笑い転げる。笑いはバファリンなんかよりずっと頭痛に効くようだ。

しかし--
医師の友人が送ってくれた鎮静催眠作用のあるデパスというクスリを飲む。抗不安作用もあり、眠剤というよりはそちらを目当てにここ数日、就寝前に飲んでいる。大きな決断を前にマイナートランキライザーに頼るのもどうかと思うのだけど…

飛翔

Category : 未分類
木曜の晩、やり残した仕事のエクセルファイルを自宅にメールしたのだが、Macのエクセルで開くとグラフのレイアウトがガタガタに崩れている。エクセルってもともとはMac向けに作られたアプリだったのに…

もっともクリスマスの三連休に仕事なんかそもそもムリというもの。金曜は休肝日にして仕事にメドを付けておこうと思ったのだが、まあ最初から計画倒れだったのだろう。土曜と今日はクリスマスを祝って真っ昼間からボジョレーを開けてるし…

blogサービスのトラックバックコーナーのテーマ「1年前の今、何してました?」を見て、去年のblog(別のblogサービスだったりするのはご愛嬌)を読み返し、そういえば、あんなことをしていたんだなと記憶をあらためる。

swanたいしたことはしていないけれど、それでも忘れないだろうこともある--それは生涯、決して忘れないだろう想い出になっている…
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk