未知との遭遇

Category : 未分類
shipすでに10回近くは見ているだろう『未知との遭遇』だが、TVオンエアされる度についチャンネルを合わせてしまう。今夜もTV画面を眺めつつつらつら思ったことは、何も異星人との遭遇などという大げさなものでなくとも、ごく普通の日常生活の中にもたくさんの“未知との遭遇”はあるものだということ。

会社勤めも数年やれば、好むと好まざるをえず“未知なるもの”に出会う。まあたいていの場合、アンビリバボーなくらい驚くべき人間性を持つ上司や部下、同僚だったりするわけだけど。

ここ3ヵ月くらい、また新たな経験をした。それは未知ではなく既知の経験で、はるか昔に経験したことのリピートと言っていいのだが、もちろん全く同じというわけではない。そんな貴重だと思える経験を二十年も隔てて二度経験できたなんて、とても得をした気がする。

少し貪欲になってきた。
新たな未知との遭遇がしてみたい…

寝不足

Category : 未分類
time昨夜は熱帯夜だったんだと今朝知った。
ぼんやりとした意識の中、寝室と居間を行ったり来たり。
明らかに寝不足。キツイ…

ウソ

Category : 未分類
stop目の前で、同僚が平然と嘘をつくのを見るのは楽しいものではない。
ランチも行けばアフターファイブのつき合いもある。確かにささいな嘘ではあるけれど、自分にもそういう嘘をついているのかもしれないという疑念が当然、わいてくる。

なんとも思ってないから平然とできる行動なのだろう。
たとえ馬鹿正直と言われても、自分にはああいう嘘はつけない。ハードボイルドな私立探偵は憧れで終わりそう。でも世渡りなんか上手くならなくていい…

もどかしい

Category : 未分類
girl書いては消し、消しては書くを何度も繰り返す--
心にわき起こってくるあれこれがいっぱいすぎて
キーボードではもどかしい…
今日は何も残せそうにない。

生命値

Category : 未分類
oazo先週クリエーター御用達と言われる青山ブックセンターでたっぷり立ち読みしたら、活字やら写真やらにいたく渇望が湧いてきた。そこで昨日は丸の内オアゾにオープンした売り場面積日本一という丸善書店に行ってみた。オアゾ自体なかなか素敵なエリアだ。天井が吹き抜けになっており、東京駅側はガラス張りで採光もたっぷり。医療系の新書と旅と写真関係の文庫本を2冊買う。地下にベトナムのフォー専門のファーストフードがありトライしてみる。基本の鶏肉うどんフォーガーが730円というのはちょっと高目の丸の内価格か。そもそもパクチー(香草)が苦手なので、いまいちだった。

sunsetイイ感じで夕日が沈みかかっているのを見つつ、皇居を散策。時間が遅いせいか、ほとんど人気がなく、砂利道を独り占め。すれ違うのは警備のお巡りさんぐらい。桜田門から皇居を出て、警視庁、総務省、財務省、アメリカ大使館の前を通り六本木へ。

いつも人気のない泉ガーデンあたりを歩いていたら元山の友人から呑みに行きませんかと連絡が。じゃあお互いの居場所の中間、恵比寿で待ち合わせしようということに。先日、激しく二日酔いになったのでセーブして呑む。二軒目の行きつけのバーではバーテンダーのおねーさんに、先日の記憶がはっきりしないんだけど何か変なことしなかったと尋ねる。大丈夫ですよ、いつもどおりシャキッと帰られましたよ、との返事にホッとする。

お悩み相談の意図はないのだが、少し考えていることを話すと、彼には彼の考えがあり、慎重に行動したほうがイイですよと言ってくれる。それはそれでちゃんと受け止めておく。

結局、今日も軽く二日酔い。ウコンを飲んでおいたのでまだマシなほうか。
一応、iPodはフル充電したけれど今日はヒッキーモードになりそう。昨日からエアコンのドライ運転を始めており快適このうえない。でも、暑い夏の到来をうれしいと思える。

生命値が上がっている感じがする…

マカ

Category : 未分類
20050624_12937.jpgサプリメントというのはいったん飲み始めると止められなくなるという麻薬的なところがある。止めるとなんだか不健康になりそうな気がするからだ。まして精力系のマカなんて、果たして本当に効いてるんだかどうだかにわかには実感できない…

フェアプライスがどのあたりなのかよくわからないのだが、ともかく3ヵ月ほど飲み続けているキリンのMACAは約1ヵ月分4千円弱とけっこうな値段。それでも健康第一とぶつぶつ言いながらいつものドラッグストアへ。

で、目にしたのが再春館薬品のマカ原末100%という特価品。それでも3千円弱なのだが、なんと定価の半額。うさんくさいなと思いながらも製造元の再春館薬品といえばなんだか高品質っぽい化粧品を出しているドモホルンリンクルの会社じゃん、とか考えた時点ですでにワナにハマっていた。けっこうだまされやすいんだ、昔から…

boin帰宅後ネットで調べるとドモホルンリンクルの製造販売は再春館製薬。おしい!って問題ではない。再春館薬品は怪しげな健康食品をわんさか販売している。このマカなんてまともなネーミングだ。すでに多数のブログで話題になっているが、極め付きは「美形バスト ボインボイン」--って、いったい?? こちらも5千円以上の定価なのに実売価格は2千円以下だったりするし…

さて、このマカ、飲んでいいものやら。
毒ではないだろうけど、絶対うさんくさい…

20年

Category : 未分類
girl何かに真剣に取り組む。人生の切り売りとしての仕事ではなく、自ら望んでトライする。これまでに見て聞いて経験して得たものをあますところなく使い切る。後頭部を掴ませないというチャンスの女神はすれ違う前に捕まえなければならない。

事故ばかり起こしているJALを特集した経済雑誌を開くと、今年は御巣鷹山の墜落事故の20周忌とあった。そう言われれば確かに思い出す。1985年--私自身にとっても忘れ得ぬ年だ。あれからはや20年…

昨日のmixiとともにこれまた友人の少ない身には縁が薄いのだが最近ネットでよく目にするのがMusical Baton 「特別な思い入れのある曲」という質問がある。だれかにバトンを回されたわけでもないのだが勝手に公表するなら、ためらうことなくバッハの無伴奏バイオリンのためのソナタ&パルティータを挙げる。無人島に持っていきたい一枚のレコードということですでに何回か日記に書いている通り。

学生のころから好きだった曲で、20年前のある夜、とある喫茶店でウォークマンを聞き続けたシーンが忘れられない。今年似たような経験をしているのだが、20年という月日を経ても感じ方、感性が変わってないということに、せめてもの慰みを覚える…
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk