スピーカー遍歴

Category : music
ふとネットで目にとまったCreative D200というBluetooth接続の1万円弱のスピーカーを購入した。
d200
MacBookはもちろんiPhone, iPadともワイヤレスで接続し、セッティングの利便性は素晴らしい。ところがAmazonなどのレビューではなかなか評判だった肝心の音が、一体型という制約もあり、いま一歩で、かえって永らくかまっていなかったオーディオマインドが中途半端に目覚めてしまった。

と、今春発売以来ネットで大絶賛されているUSB接続給電タイプのPC向けスピーカー、Olasonic TW-S7を知り、実家用に購入。こちらもちょうど1万円という価格。USBのみワイヤードながら卵形のユニークなフォルムは、ニアフィールドでフレキシブルなセッティグが可能な、まさに“コロンブスの卵”的な工夫になっている。ワイヤレスをいいことに部屋の端のデッドスペースにセッティングしたCreative D200よりずっと設計通りの望ましいセッティングで聴いている。

Olasonic

ムクムク起き上がっていたオーディオマインドだったが、一聴してあっさり静められるくらい素晴らしい音で鳴る。そのリアルな音場に永らく忘れていたゾクゾク感すら覚えた。数時間ですぐ慣れてしまったけれど…

アップルストアが取り扱う初の日本製スピーカーというだけあって、Macとの相性もイイ。Winより音がイイとメーカーもコメントしているのは、USBの給電がWinより大きいからだろう。Macにリッピングやらダウンロード購入した楽曲がどれもこれも新鮮に聞こえる。トータル演奏時間約24日分(約36GB)をあれこれ聞き直している。東京の居所用にも、色違いのブラックを購入しないともう気持ちが収まらなくなった…

--

そんなこんなで、はるか昔、大学生だったころに愛用していたピュアオーディオ用のスピーカーが懐かしくなり、ググってみたら、中古市場がしっかりあって、いまだに愛用しているマニアがいるようだ。何とも懐かしい…

▽大学入学後ラジカセを卒業、大阪の電気街日本橋に何度も通い試聴して購入したYAMAHA NS-100M。しかし、結局はデザインに一目ぼれの購入だった。いまでも実家でオブジェ化している。
NS100M
▽YAMAHAを買ったものの、どうにもすっきり満足できず、たった半年後に買い増したTechnics SB-6。YAMAHAと同クラスの一本4万円強だったが、モニター的なこちらの音の方が好みだった。会社の独身寮にも持ち込み、永らく愛用し、捨てるのが忍びなく、家持ちの後輩に引き取ってもらったが、やはりオブジェ化してるとか。

SB-6

▽1995年秋、初めてMacを買った際、指南してくれた友人のお勧めで同時購入。当時はまだ珍しかった本格デスクトップミュージック用と銘打ったBose MediaMate。3万円半ばというけっこうなお値段で、プロミュージシャンのスタジオにも置かれている映像をよく見た。びっくりなスケール感と良質な音で永らく楽しませてもらった。
BOSE

トイレの神様

Category : music
植村花菜は、数年前 iTunesで試聴して、アルバムを2枚買ったことがある。
新曲「トイレの神様」のビデオクリップ(約11分)には泣けた…

YouTube「トイレの神様/植村花菜」

植村花菜

弦楽のためのアダージョ

Category : music
オリンピックにはからきし興味がないのだけれど、さすがに今日はどのニュースを見ても必ず流れる。

トリノオリンピックでは、荒川静香があのイナバウワー演技で使った「You raise me up」が気に入り、速攻、iTunesで楽曲を買った。この曲、Celtic Woman以外にも多数カバーされており、試聴して別の女性シンガーのもつい買ってしまった。便利になったというか、まんまとAppleに乗せられているというべきか。

leaf

今日の開会式はBGV感覚で流していただけだが、音楽が耳に入ってきた。「すすり泣くような旋律」(ウィキペディア)で、一度、聴くと忘れられないサミュエル・バーバー作曲「弦楽のためのアダージョ」が使われていた。

ケネディの葬儀で使われ一躍有名になったそうだが、個人的には「プラトーン」が忘れられない。iTunesでは映画音楽に多数オンリストされているけれど、もともとクラシックなので、そちらのカテゴリーで約9分の全曲版を買って愛聴している。

ひさしぶりに聴いたのだが、やはり良い曲。
ただ、華やかな開会式とは少しミスマッチな気もするのだけど…

Now and Then

Category : music
1983年2月4日カレン・カーペンターズは32歳という若さで亡くなった。

中学で英語を習い始めたころ初めて聴いた。当時カーペンターズファンには女の子が多く、男はビートルズファンが多かったような気がする。

ちょっと気になる女の子が学校の自転車置き場で「Now and Then」のあの目立つ赤い車のLPジャケットを手にしていたのを覚えている…

now and then
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

kk

  • Author:kk